Track-55. 曲作り実践編<4-5> 「ネオン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!AK-TRACKの作曲 入門ブログ、第55回目です!

今回から作詞の方に入っていきます!

先ずは前回のおさらい

ネオン④メロディ

先ずは、頭の「RAP」のリリックから書いていきます。

先ず、RAPで誤解しがちなのが、

RAPは、「ヨー、ヨー」言って喋っているだけの物ではない。

という事です。

HIP HOP史においてRAPが生まれた起源は、

自分達の社会的な境遇に対する不満や、

世間・相手に言いたい事を、如何に印象的・効果的に伝えるか。

という所から始まっています。

それは、「言葉の選び方」であったり、

「韻の踏み方」であったり、「リズムの組み方」であったりします。

今回は、都会的で洗練されたイメージの曲調なので、

リリックの「リズム」を最初は大人しく、徐々に盛り上げていく

「末広がり型」のリズム構成にする事にしました。

単語一つで始まり、間をあけ、

次に短い文を入れ、その語尾は前の単語と同じ母音の言葉にします。

例えば、「人の波」→「家路を急ぐ人々にらみ

この様な表現を「韻を踏む」と言います。

全て韻を踏むのも、これはこれで安易・単調・クドくなってしまうので、

避けた方が良いと思います。

あくまでも自分の伝えたい事が優先ですので、

そこを第一に考え、韻は要所要所に使う程度に留めてください。

今回は、「ネオンという光は、

常に人々の生活・人生・感情を映し出していて、

自分たちは、その中で生きて行かなければいけない。」

という様な、少し広めのサブテーマを作りました。

その様にして作ったリリックが次の動画になります!

ネオン 作詞(RAP-1)

次回は、ジョイントバースになる「Bメロ」の作詞を行なっていきます!

続きはまた次回!!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は プロフィールフレーム_アートボード-1-33-1024x512.jpg です

最後までお付き合い頂きありがとうございます!

宜しければ、このページの一番上か下 (PCなら横かな?) にある

「作曲 人気ブログランキング」「はてなブックマーク」をクリックしてください♪

ブログ更新の励みになります!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました