Track-54. 曲作り実践編<4-4> 「ネオン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!AK-TRACKの作曲 入門ブログ、第54回目です!

今回はメロディの編曲を行なっていきます!

先ずは、前回のおさらいからです♪

ネオン③編曲

ここにメロディをのせていく訳ですが、

僕は先ず最初に

裏切ってやろう

と思いました。

つまり意表を突くという事です。

AOR的なアプローチで来ている訳ですから、

聴き手の方は、当然メロウな歌で出だしが始まると思う訳です。

そこへ、頭からRAPを入れる事で、

良い意味での「ミスマッチ」が生まれるのです。

ただ、8ビートの一辺倒なフロウではなく、

トラックに合わせた緩急をつけたフロウを組みます。

ここから、「サビ」のメロディメイクに移ります。

アレンジ上、変則的なフレーズを持ってきており、

ここが間違いなくこの曲の「肝」になります。

そうした理由から先に「サビ」のメロディメイクを行うのです。

キャッチーである必要は勿論ありますが、

このフレーズの性質上、

TRACKの雰囲気に合わせたメロディ

を作り、

一体感を出さなければ、メロディだけが宙に浮きます。

ここを念頭においたメロディを作っていきます。

最後に残った「Bメロ」ですが、

これは完全に「Aメロ」から「サビ」への

スイッチ

として調整します。

方向性としては「第3のメロディ」という位置付けで考えます。

「Aメロ」「サビ」とは違うアプローチでメリハリを出すのです。

よく使う手法として、

一つの単語を「ループ」させたり、

語呂が同じ単語を構成し、RAPの要素を組み合わせ、

リズミカルなアレンジにしても良いでしょう。

今回は、AOR的な間をたっぷり使った「溜め系」のメロディを使用しました。

そうして出来上がったのが次の動画です!

ネオン④メロディ

ここから、時間をおいて客観視し、細かいメロディの修正を加えていきます!

続きはまた次回!!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は プロフィールフレーム_アートボード-1-33-1024x512.jpg です

最後までお付き合い頂きありがとうございます!

宜しければ、このページの一番上か下 (PCなら横かな?) にある

「作曲 人気ブログランキング」「はてなブックマーク」をクリックしてください♪

ブログ更新の励みになります!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました