Track-52. 曲作り実践編<4-2> 「ネオン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん新年明けましておめでとうございます(^。^)

今年も宜しくお願い致します♪

AK-TRACKの作曲 入門ブログ、第52回目です!

先ずは前回までのおさらい動画をご覧ください

ネオン①Intro

前回、イントロパートを作成しましたが、

フレーズの性質を鑑み、

同じフレーズを使って、Aメロへと繋げるのが自然だと考えました。

そのまま繋げても面白くなく、単調になってしまうので、

キーボードとリズムサンプリングのみのレベルまで一旦落とし、

メリハリを付けます。

ここからお馴染みの「クラシック方式」を使い、

1パートずつ音を増やしていきます。

ここから転調気味に次のフレーズに移るのが

面白い様に思えました。

過去のシティーポップ系の曲を振り返っても、

音色はイントロの延長線上、キーは上げる。

こういった「ステレオタイプ」の展開が横行しているイメージがあります。

僕はそう言った編曲に興味がないので、それは省きます。

僕が考えたのは、BPM(テンポ)は変えず、

リズムアプローチを変え、メロディアレンジに

ハープ

を使う事でした。

もちろん意外性・面白みというのもありますが、

メロディを際立って美しく表現できるエフェクトとしてもお馴染みで、

今回のアレンジには最適だと考えたからです。

最初から一貫してお伝えしていますが、

常識・先入観は気にしなくて大丈夫です(笑)

素直に良いと思ったものを実行してください!

そうこうして出来たのが次の動画です♪

ネオン②Aメロ〜サビ

今後も勿論微調整はしていきますが、

基本的にこの方向性でアレンジをして行こうかと思います!

続きはまた次回!!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は プロフィールフレーム_アートボード-1-33-1024x512.jpg です

最後までお付き合い頂きありがとうございます!

宜しければ、このページの一番上か下 (PCなら横かな?) にある

「作曲 人気ブログランキング」「はてなブックマーク」をクリックしてください♪

ブログ更新の励みになります!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました