Track-22. 曲作り実践編Part1-3

皆さんこんにちは!AK-TRACKの作曲ブログ、第22回目です!

今回も、作曲の実践を通して

具体的な作曲・アレンジ法をご紹介します!

キーボード・ベースフレーズに対しての次のアレンジ展開ですが、

今回はドラムです。

いよいよと言う感じもしますが、皆さんご存知の通りアレンジとして重要なプロセスです。曲の輪郭がこれではっきりと把握ができるようになります。

下は、おさらいで前回までのアレンジです!

雨 キーボード&ベースアレンジ

厚みや広がりが出ましたが、これを最適なビートアレンジでまとめます。

リズムのアプローチですが、僕はここで自然とR&Bのアプローチで行きたいと思いました。バラードよりはグルーブ感を強め、インパクトを残しやすいアレンジだと判断しました。

例によって、エフェクトは「Native Instruments」です。この中の「Battery」を使用します。

ビートの組み方は、あくまでもメインフレーズはキーボードなので、それを活かすアレンジに徹します。「雨」のイメージから考えてもオーソドックスなエイトビートでプログラミングします。

ここでも僕は何度も聞き返し、修正を繰り返しました。

ミックスレベルであったり、キック・スネア・クラッシュの位置を微調整し続けるのです。この作業が最も重要になります。

それを経て、下のアレジになります!

雨 フレーズ1 Ky&Ba&Dm

次回は、ここにさらにアレンジを加えるのかと言う判断の仕方をご紹介します!

続きはまた次回!!

タイトルとURLをコピーしました