Track-13. 曲作り 基礎編(編曲②)

皆さんこんにちは!AK-TRACKの作曲 入門ブログ、第13回目です!

今回は、決めた曲の展開をあえて崩し、意表をついた展開に変えていく構成の入れ替え」についてご紹介します。

例えば自分の中で「これはイントロ」と決めて制作したフレーズが、非常にキャッチーで出来が良く、「イントロだけでは勿体ない」と思った時、編集画面を思いきり引いて俯瞰的にする事をお勧めします!

上の画像は、前回も紹介した「リゾート施設のテーマソング」編集画面ですが、当初、イントロとして考えていたフレーズの出来が良く、そのままサビのフレーズに使うことにしました。この時に全体の構成が見える様に画面を引き、その上で、組み替えるのですが、ここでポイントなのは、

変更先のフレーズを先に整理しておく」

ことがポイントです。

つまり全体画面を見て「ここに入れたら面白いな」と組み換え先を頭の中で決めておきます。

例えば「後半のアウトロの前にサビを挟んで見よう!」と閃いた時、上の画像の様に、アウトロの差し込みたい部分のトラック全てを選択し、サビの小節分ずらします。

その後にサビのトラックを全てコピーし、最初に開けたスペースにドロップします。この様な作業は日常茶飯事です。状況に応じて作業画面の倍率を変えることは非常に有効的な方法なのです。

次回は、作曲の真骨頂とも言うべき

「メロディの付け方」

をご紹介します!

続きはまた次回!!

タイトルとURLをコピーしました